緑内障には種類がある?危険な緑内障とその予防法

緑内障には種類がある

目の病気でよくあげられる「緑内障」ですが、この緑内障にはいくつか種類があります。糖尿病や脳の疾患で眼圧が上がり、緑内障を発症するケースを「続発緑内障」と言います。そのような原因が無いのに緑内障を発症するケースもありますが、原因が無い場合は「原発緑内障」と呼ばれているのです。この原発緑内障も2つの種類にわけられるので、それぞれの特徴を紹介します。

原発緑内障の種類を比較

開放隅角緑内障

緑内障でよくみられるのがこの「開放隅角緑内障」です。進行スピードはそれほど早くはありませんが、徐々に悪化していく恐れもあるのでしっかりと治療を受けましょう。

閉鎖隅角緑内障

こちらのタイプの緑内障になると、急激に眼圧が上がり、失明してしまう恐れがあるので十分に注意する必要があります。すぐに症状が悪化するため、目に違和感を感じたらすぐに病院へ行き、対応してもらうことが大切です。

緑内障には種類がある?危険な緑内障とその予防法

目

緑内障は漢方で予防できる

このように失明を招いてしまう恐れもある緑内障は、漢方で予防を行うことができます。ビタミンやミネラルを摂取できる漢方や、βカロテンなどが含まれた漢方を選びましょう。このように緑内障に効果がある漢方もたくさんあるので、目の健康のために積極的に取り入れることをオススメします。

目元

食事にも気を使おう

緑内障を防ぐなら、毎日の食事にも気を使う必要があります。目に良い食材を使ったメニューを考えたり、目と深い関わりがある肝臓に良い食べ物を食べるようにしましょう。

目

目以外のことにも着目しよう

年を取るといつ緑内障になってしまうかわかりません。家族に緑内障の方がいる場合もそうですが、自分のためにもしっかりと情報を集めておくようにしましょう。今の生活をどう変えたらいいのか、食事はどんなものを積極的に食べたらいいのか、どんな運動を取り入れたらいいのかなど、目以外のことにも気を配ることが大切なのです。

緑内障に関するまとめ

緑内障には急な対応を要するものと、そうでないものがあります。しかしどちらも緑内障には変わりないので、きちんと治療を受ける必要があるのです。漢方や食生活の改善で緑内障を予防したり治療に役立てることもできるので、しっかりと知識を身につけて緑内障を改善していきましょう。

広告募集中